ケイ素とは?

地球上で酸素についで多い元素です

珪素はこの宇宙に存在する元素の一つで、元素記号はSi、原子番号は14、別名シリカです。

地球上では酸素についで2番目に多い元素で、自然界では土や岩などに含まれる鉱物(ミネラル)の一種です。

地球そのものの主要成分と言っていいでしょう。

地球
Yoga at Home

珪素は人体の構成要素・必須栄養素

地球の地殻の主な構成要素である珪素は、土や砂、石、岩など大地を形成する物質です。その大地を耕して育った野菜などの植物には根から吸い上げた珪素が含まれ、第3の栄養素と言われる植物性の食物繊維の主成分になります。


われわれ人間が、体に良いからと摂取している食物繊維には珪素が多く含まれています。

つまり、地球の構成要素である珪素は、大地に育つ植物とそれを食べる人間の体を作る重要な構成要素でもあるわけです。人間にとって珪素は、必須栄養素であり、決して欠くことのできない重要なミネラルです。


人間の体では、どこに珪素が存在するかというと、毛髪、爪、骨、筋肉、脳、腎臓、肝臓、胸腺、血管、皮膚など全身のあらゆる臓器や組織です。更に細胞内部のミトコンドリアの材料になり、働きを強化したりしているのです。​

健康に良いと言われるものには珪素が多く含まれます

本来珪素は、食事を通して摂取することが理想的です。食生活の乱れ等から現代人は生活習慣病のリスクにさらされています。抗酸化物質である珪素を多く含んだ食品を積極的に摂り、活性酸素リスクを低減したいものです。


珪素が多く含まれる食品としては、昆布やわかめなどの海藻類、玄米、大麦、ひえ、あわなどの全粒穀類、大豆等の豆類、ごぼう、パセリ、大根、人参等の野菜類、あさり、はまぐり、カキ等の貝類が挙げられます。


人が珪素を簡単に摂取するには、食物せんいを多く含んだ海草、野菜、豆類、穀類等を積極的に食べることが理想です。

ファーマーズ・マーケット

​©️2020 HAPPY MAN